ユーザーの英才教育

人気記事ランキング

ホーム > スキンケア > 真夏のスキンケアは手を抜かない

真夏のスキンケアは手を抜かない

「お風呂上がりは汗が出るから、化粧水や乳液はつけたくない」と思う方もいらっしゃるようですが、基礎化粧品は毎日必要です。汗を拭きとり肌が落ち着いてから、化粧水を使用すると大丈夫です。風呂上がりは身体がポカポカしていて、なかなか汗が止まりません。そんな時は無理をせず、数分経って落ち着いてきたら化粧水をつけましょう。

 

化粧水は角質層が潤うための水分として必要です。不足すると角質層が硬くなりシワの原因になります。普段オイリー肌で悩んでいる人も同じです。化粧水は基礎化粧品と言われるほど、化粧品の中でも大事なものです。毎日角質層を健康な状態にリセットするために頑張りましょう。

 

汗が多く出る時は、冷やしたタオルをそっと当てるように拭き取ると、汗が次第に引いていきます。少し水で湿らせたハンドタオルをジッパー袋に入れ、冷蔵庫で冷やしておくと外出の時に便利です。外出から帰ったら、汗をきれいに落とすために洗顔すると、肌を清潔にキープできます。真夏のスキンケアは、どうしても好きになれない方に、冷やしタオルはおすすめです。

関連コラム:http://www.harbor-management.jp/bihadacolum/bihada1.html